冠婚葬祭にかかる費用

人間が避けれない、冠婚葬祭の費用ですが、葬式も多くの出費が要るようです。葬祭には、受付をしてくれる知り合いなどへお礼や、通夜振る舞い、お布施等が要ります。それぞれに、いくら費やすのか、会場の広さや希望により異なります。悲しい時に、葬祭会社に全てお任せでは、後々質素すぎたとトラブルの元にもなります。きっちりといるかいらないか選び出す、力も必須です。

国内での冠婚葬祭のマナーは、誰もが知っています。特に、悲しみの場所である、葬儀におけるマナーは まずは取り入れるべき物だと言えるでしょう。例を出せば、葬儀の際には喪服を着用しますが、喪服は黒で、装飾品は光沢は避けます。更に、お香典は古札を選び、香典袋は袱紗で包みます。通夜でのマナーは長居せず、その後の葬式は葬儀、告別式と分けている場合も多くありますが、一般的には両方出るのが多いようです。

通夜へ行く際は必ず、香典を渡しましょう。香典は突然の不幸で出費が多くなるご家族への、援助の意味と、故人への供え物という意味が、あるのです。香典といえば目安があって、その額は故人との距離などから、ほとんど決まっています。また、通夜と葬儀のどちらも参加するなら、葬儀へ香典を出しましょう。香典の額や、渡す相手など前もってしっかり聞いてから、参加するといいでしょう。

Write a Reply or Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *