教材は教育の要|教育の今後


教育の要である教材は電子化の波に押されつつあります

学ぶために教材は必須ですが、実に教材は教育の要だといっても過言ではありません。一般的に言うところの教材とは、たとえば学校の教科書がすぐに思い浮かびます。小学校などで何かを勉強するとなると、必ずと言って良いほど教科書を用いることになります。またそれに加えて問題集が配布される事も多々ありますが、それも含めて教材と呼ばれる場合が一般的です。さらに問題集のみでなく、いわゆる参考書が配られるケースもたまにあります。

一例として一部の教育機関では、会社独自のテキストを発行しています。その教育機関独自の知恵が盛り込んでいる紙媒体の参考書のようなもので、教科書とはまた違ったつくりになっている場合も多いです。そのようなオリジナル教材は、ページ数などは極力少なめな傾向があります。

このように教育業界でのテキストとはいわゆる紙媒体での教育用のツールを指すことが大体なのですが、もっと広義な意味合いで用いられるケースもあります。例えばスポーツなども、教育の中に含まれるのです。

そのスポーツの際には、様々なボールなどを用いることもあります。いわゆるバレーボールやドッジボール等で体育の教育を行っている時も多々ありますが、その為に用いるボールなども教材と見なされる場合があるのです。

また家庭科の自習などで、料理を作る為の様々なオタマやおはしなども教材であると見なされる傾向が強いです。つまり教育の現場で活用される教材というのは、紙媒体が絶対的なものではないのです。教育に要るツール全般に対して、それらの表現が使われている傾向があります。

そしてここ最近の教育業界では、その教材の電子化も促されつつあるのです。色々と利便性の問題が存在し、旧来の紙媒体よりも電子の方が効率はアップしているという思いも根強くなってきているからです。取り分け私立の教育機関などはその傾向が顕著で、初回から電子媒体を使用して指導を行っているところもあります。ですから最近の教育業界では、電子媒体のツールも教材とジャンル分けされている事も多々あるのです。