年中から始める幼児教室|話題の幼児教室とは


年中さんからでも大丈夫な幼児教室

お子さんに是非習いごとをさせたいと思う場合、なるべく小さいうちから教えたいと、年少にあたる3才のうちから子を幼児教室に通わせるお母さんもいます。大手教育サービスでも幼児教室に「3才児コース」を設けているところも少なくありません。

確かに一般的に生活習慣や子供の性格を安定させる為には「3才までの家庭での躾が大事」と言われています。2才児は1番目の反抗期と言われ、それが落ち着いてくる3才を狙うというのは間違ってはいません。

しかし3才児はまだ言語中枢が発達途中であり、外で自分とお母さん以外の人間といかに関わっていくかという社会性も培われていない状況です。幼児教室に通わせたいと思ったら、ベストなタイミングは4才の年中からがお勧めです。

年少組で幼稚園生活に慣れ、自分と家族の他に他人がいる世界も理解出来ます。幼稚園に通えば集団で何かを行うという生活習慣が身に付くので、幼児教室でも自分の立場を汲み取るまでに成長しています。

年中になると、言語能力的にもボキャブラリーが豊富になってきます。幼児教室で講師の指示に従うことも可能なので、お母さんとしても見ているだけで良く楽に感じます。習い事をする際には大人の話をきちんと聞く、順番を守るということが基本ですので、幼児に比べれば学ぶ上でも結果が出やすいのです。

幼児教室では視覚的なエフェクトやエクササイズなどを使って、子供が関心をもつようなコースを組み合わせています。

自分の興味があるレッスンを受けた場合、単なる遊びの場として終わってしまうのではなく、将来も継続して興味を持ち続けて欲しいと親は願います。年中の子供ならば「今日は楽しかった」だけで終わらず、「またやりたい」という意志表示をすることもできます。この特異性を伸ばすことで才能を見出していくことが幼児教育をフルに活用することに繋がるのです。もしも自分の子供に落ち着きがなく「幼年期から幼児教室に通わせたいけれど心配」と思っているのならば、他人と比べたり焦ったりせずに、年中まで待ってみても決して遅くはないのです。