教育に関するアプリ|教育の仕方

教育に関するアプリを用いて勉強が出来ます

コンピューターは難しいものですが、最近はスマートフォンが普及してきたのでなにもかも可能になりました。スマートフォンは小さなコンピューターのようなものですので、様々な問題を解決してくれるのです。

教育も同じです。ほとんどの場合スマホで予備校の授業のビデオを見られたり問題を解いたりができるようになりました。こういったアプリをインストールしておけば問題などを自動的にスマホに送信してくれますので、効率よく勉強ができる時代になって来たということです。

昔は大学受験の勉強といえば、参考書で勉強したり、英和辞書で単語を調べたりするというのが一般的でした。でも辞書は電子辞書になって、参考書もスマホのアプリで勉強可能になったのです。

これは色々な意味で大きな革命です。最大の革命は教育の地域の隔たりがなくなることです。スマホが存在しない時代、地方の高校生は塾など存在していませんので、自身で教科書を見て勉強するしかありませんでした。

この部分が原因で都会の高校生と学びの差が結構開いていたといわれています。スマホの普及で今後ますます格差が縮まっていくと推測されています。そのほかに安くこうした授業が受けられるという点です。予備校の授業というとずいぶん高いというイメージが存在しますが、教育に関わるアプリは月々3000円以下で利用ができるのもたくさんありますので、思ったほど裕福な家庭でなくてもやる気さえあれば至って高レベルな大学に入学できる時代になって来たということです。

スマートフォンというと高校生がLINEなどのようなアプリに夢中になってしまい勉強時間が減ると批判されています。確かにそのようなデメリットはありますが、むしろ勉強するためのツールが安価に手に入るようになったという面では、かなり利点があると考えた方が良いと思います。また最近はスマホで回答して、それを業者が添削してくれてそれが直ちに帰ってくるというサービスも出現しています。以前は添削に結構時間がかかり1月くらい待っていましたが、今後は早く結果が返ってくるようになります。

最近では、スマホを使った学習スタイルが流行っています。学習をするには筆記用具が必要ですが、スマホで学習することができれば、手軽にどんなときでも学習することが可能になるかと思います。今の若者はほとんどスマートフォンを持っていることでしょう。通学中にスマホですきま時間で勉強をすることもできるので、スマホのアプリケーションを遣っての学習は大変便利なものとなっていることでしょう。